説明会でのご質問

アロマセラピーとアロマテラピーはどちらが正しいの?どう違うの?

はじめに

アロマセラピーとアロマテラピーの違いについてご質問がよくあるのですが、アロマセラピーは仏語読みのため、
フランス式のメディカルアロマセラピーを指し、アロマテラピーは英語読みのため、ホリスティックアロマテラピー
を指すとも言われておりますが、厳密には分けてはいないのが現状です。

アロマテラピーとアロマセラピーは、どちらも香りを使った癒しや健康へのアプローチとして広く知られています。違いはなく同じことですが、実際には異なるアプローチを持つものです。本記事では、それぞれについてや効果的な活用方法について解説します。

アロマテラピーとは?

アロマテラピーは、植物由来のエッセンシャルオイル(精油)を使用して身体や心の健康を促進する目的で行われるセラピーです。このアプローチでは、香りを嗅ぐことや皮膚に塗布することで、神経系や感情に影響を与えるとされています。アロマテラピーは、リラクゼーションやストレス軽減、睡眠の改善などの目的で広く用いられています。

アロマセラピーとは?

一方、アロマセラピーは、歴史的背景から医療的な使用法をすることが多く。精油の香りや効能を利用しつつ、マッサージやその他の手技を組み合わせることで、身体や心の健康を促進します。具体的には、アロマオイルを使用したマッサージや、精油を含んだバスを行うことが挙げられます。アロマセラピーは、筋肉の緊張緩和や血行促進などの目的で広く用いられています。

アロマテラピーとアロマセラピーの違い

アロマセラピーとアロマテラピーは
本質的に同じであり、差異はありません。
“アロマセラピー”は仏語に由来し
一方で”アロマテラピー”は英語に由来します。
どちらも正しい表現であり
日本では一般的に“アロマテラピー”という表現が用いられています。

とはいうもののアロマ業界では
わずかなニュアンスの違いがありますので、ご紹介しますね。

・販売系(精油メーカー、小売店、スクール):「アロマテラピー」と呼ぶことが多い。

・医療系(医療従事者、研究者):「アロマセラピー」と呼ぶことが多い。

これは歴史的な背景が大きく関わっています。

フランスの先人たちによるアロマテラピーは
医療的なものでした。
ルネ・モーリス・ガットフォセが
精油の殺菌効果や治療的効果について研究し
ジャン・バルネは医師として殺菌効果を臨床に応用し
さまざまな薬理作用をほかの医師たちに伝えました。
そのような伝統から
フランスでのアロマテラピーは薬理作用が重視され
メディカル・アロマテラピー(医療分野でのアロマテラピー)が主流となっており
医師や薬剤師により医療にいかされ
医師の処方により内服もされています。
ベルギーやドイツもメディカル・アロマテラピーが中心です。

一方でイギリスでは精油を使ったマッサージを中心とする
ホリスティック・アロマテラピーが主流となっています。
ホリスティックとは「全体的」「包括的」という意味です。
身体におこったトラブルを部分としてとらえるのではなく
心を含めた全身的・全人格的なものとしてとらえ
精油の力を借りて心身の健康を取り戻したり
維持していくのがホリスティック・アロマテラピーで
この基礎を作ったのがマルグリット・モーリーです。
その後ロバート・ティスランドや
シャーリー・プライスらに引き継がれ
1960~1980年代にかけて
アロマテラピースクールの開設が進んで多くの専門家たちが育ちました。

このようにどちらも歴史的な背景があります。

 

 

関連記事

  1. 古民家イベントのご案内

  2. AEAJ認定資格通信講座リリース!

  3. 錬金術と宇宙と細胞

  4. SFC ORF2022 研究会で和ハーブ石けんワークショップ開催

  5. ユナニ医学に基づく体液病理説とR.ウィルヒョー細胞病理説について

  6. 1DAY!アロマデイリーケア用品作成講座

  7. 新型コロナウィルスで本当に怖いのは・・・?

  8. ペットはニホンミツバチ?!

2024年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の記事 おすすめ記事