オトギリソウについて

オドギリソウ属は似たような言い伝えが多い。
和ハーブのオトギリソウは弟を切り殺して飛び散った血から。
だから弟切草
西洋オトギリソウ(セントジョーンズワート)は聖ヨハネの首を刎ねた際に飛び散った血から。
どちらも血生臭い。
厚生労働省のサイトでは、
「セントジョーンズワートは、軽度および中等度のうつ病に対して、プラセボ(薬効のない不活化物質)よりも効果が高く、標準的な抗うつ薬と同程度の効果を有すると考えられます。」
一方で
「多くの薬剤と危険な、ときに生命を脅かす形で相互作用する可能性があることが明確に示されています。」
とあります。
効果があるということは危険であること。
危険であるということは効果があるということ。
常に表裏一体ということを汲み取られないとね。

関連記事

  1. ローズマリーの効果と相棒とアニマルプラネットと使い方について

  2. センス オブ ワンダー

  3. ヘレンケラーの感覚と皮脳同根

  4. 新型コロナウィルスで本当に怖いのは・・・?

  5. 新型コロナウィルスに効果がある精油はあるのか?

  6. 【赤ちゃんアロマ成分は何?】

  7. 精油の選び方について

  8. 食品添加物と肝臓

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の記事 おすすめ記事
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。