オトギリソウについて

オドギリソウ属は似たような言い伝えが多いです。
和ハーブのオトギリソウは弟を切り殺して飛び散った血から。
だから弟切草(^_^;)

西洋オトギリソウ(セントジョーンズワート)は
聖ヨハネの首を刎ねた際に飛び散った血から。
どちらも血生臭いですね。
厚生労働省のサイトでは、
「セントジョーンズワートは、軽度および中等度のうつ病に対して、プラセボ(薬効のない不活化物質)よりも効果が高く、標準的な抗うつ薬と同程度の効果を有すると考えられます。」

一方で
「多くの薬剤と危険な、ときに生命を脅かす形で相互作用する可能性があることが明確に示されています。」
とあります。

効果があるということは危険であること。

危険であるということは効果があるということ。

毒と薬は同じこと。

常に表裏一体ということを忘れてはならないです。

関連記事

  1. 錬金術と宇宙と細胞

  2. ヨモギ講座開催報告

  3. AEAJ認定資格通信講座リリース!

  4. オンライン講座7月末までキャンペーン実施中

  5. 新型コロナウィルスに効果がある精油はあるのか?

  6. 1DAY!アロマデイリーケア用品作成講座

  7. 古民家イベントのご案内

  8. AEAJキャンペーン「パーソナルアロマCheck」

2022年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2022.03.13

    会員制度発足