エクソシストとバチカン

カリキュラムは病理学で、感染症でエンドトキシンとエクソ(エキソ)トキシンの話をしていて、なんどもエクソトキシンの話題が出てくるので、受講生がなんだか「エクソシストみた〜い」と言ったことから脱線(^_^;)

その話題が出る前に細胞のエンドサイトーシスとエキソサイトーシスの話をしようと思ったのですが、見事にすっ飛んでしまいました〜(笑)

エクソ(エキソ)は〈外,外部〉を意味するギリシア語に由来する接頭語。シストは「◯◯ist」で〜をする人という意味になります。

例としてアルケミスト、ケアリスト、セラピスト、スタイリスト、…etc ということで、エクソシストは「外に出す人」という意味があるんじゃないのかな〜なんて話をしていたら…

 

 

「エクソシストになりたい」というお話に…😅

 

ちなみにバチカンは認定エクソシストを養成していて、それでも足りないので、大量にエクソシストを公募したんだよね〜。なんていう話題になりました。 なぜか感染症の毒素の話からどこまで脱線するんだか…😅

次回はお正月に家族へサービスという名の人体実験をすべく、早めにヘッドトリートメントの実技を勉強します。

関連記事

  1. 新型コロナウィルスで本当に怖いのは・・・?

  2. ルドルフ・シュタイナー

    シュタイナーとアロマテラピー

  3. 【赤ちゃんアロマ成分は何?】

  4. 錬金術と宇宙と細胞

  5. 人体と食品添加物の影響

  6. 新型コロナウィルス感染予防対策/緊急事態宣言中のスクールの状況

  7. 生物資源

  8. 【たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学~認知症予防アロマ】…

2020年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の記事 おすすめ記事