エクソシストとバチカン

カリキュラムは病理学で、感染症でエンドトキシンとエクソ(エキソ)トキシンの話をしていて、なんどもエクソトキシンの話題が出てくるので、受講生がなんだか「エクソシストみた〜い」と言ったことから脱線(^_^;)

その話題が出る前に細胞のエンドサイトーシスとエキソサイトーシスの話をしようと思ったのですが、見事にすっ飛んでしまいました〜(笑)

エクソ(エキソ)は〈外,外部〉を意味するギリシア語に由来する接頭語。シストは「◯◯ist」で〜をする人という意味になります。

例としてアルケミスト、ケアリスト、セラピスト、スタイリスト、…etc ということで、エクソシストは「外に出す人」という意味があるんじゃないのかな〜なんて話をしていたら…

 

 

「エクソシストになりたい」というお話に…😅

 

ちなみにバチカンは認定エクソシストを養成していて、それでも足りないので、大量にエクソシストを公募したんだよね〜。なんていう話題になりました。 なぜか感染症の毒素の話からどこまで脱線するんだか…😅

次回はお正月に家族へサービスという名の人体実験をすべく、早めにヘッドトリートメントの実技を勉強します。

関連記事

  1. センス オブ ワンダー

  2. ヘレンケラーの感覚と皮脳同根

  3. 1DAY!アロマデイリーケア用品作成講座

  4. フランキンセンスの飲用ががんに効果があるという記事について

  5. オンライン講座7月末までキャンペーン実施中

  6. 【生まれてから今までのブログ〜人生の喜劇は良い子に始まる〜】

  7. ペットはニホンミツバチ?!

  8. 【赤ちゃんアロマ成分は何?】

2022年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2022.03.13

    会員制度発足