人体と食品添加物の影響

先日から書棚の整理をおりましたが、1989年発行の“NHKサイエンススペシャル驚異の小宇宙・人体4壮大な化学工場『肝臓』”という本が目に入り、久しぶりに開いてみました。

そこには既に食品添加物の害について書かれていました。

本日整理が終わった書棚の1架は食についてで占められ、かなり昔から勉強してきたのですが、今日は根本は一緒ですが、ちょっと違うことをふと感じました。

ふとにしちゃ長いですが(*´艸`*)

昔は食品添加物もそんなに開発が進んでおらず、添加物が入ったもの自体が少なかったと思います。

ですから、今のご年配の方々が健康で長寿というのも空気や水、そして食の影響があるというのも頷けます。

確かにそうなんですが…

私はその前に食べ物そのものに対する感謝の念があったと思います。

食べ物がないご時勢ですから、口に入るだけでありがたい…そんな気持ちです。

でも、今はどうでしょう…

口に入れる時に感謝しているんだろうかって。

これ食べたら太るんだよな〜とか、これ身体に悪いけど我慢できないから食べちゃえ等々…、そんな後ろめたさに近いような気持ちで食べて無いかな…と。

もちろん、食材の質云々が大切だということは痛切に感じていますし、まずは入れないように努力するのはとても大切でこれからも続けていきます。

ただ、今日感じたのは、食事を頂く側の気持ちが一番大切なんじゃないのかな〜ということ。

いろいろな方々の手がかかって手元に来るものの最終的な出口でもありますので。

ですから、子供たちには、◯◯◯の食べ物がいかに有害であるかや見分け方などを今まで教えてきておりましたが、この情報を一旦横に置いておいて、もしもそれしか口に入らない状況下におかれたら、どのように頂くのが一番良いのかを一緒に考えていく段階になったのかなと感じました。

これから何が起きるかわかりません。

コンビニやスーパーのお惣菜を全て悪と捉え、食べてはいけないと育てていくと、もしも何か有事があってそれしか食べられない状況下におかれた時どうなるのだろう…

食品添加物の無い世界は、もうあり得ないわけですし。 もちろん膨大な時間がかかりますが、一人一人が不買をすることでメーカーそのものを動かすこともできるとは思いますが…まあ今の経済優先の世の中では、現実的では無いです。

今日特に強く思ったのは、いくら良い食材を厳選してもシェフがショボかったら、食材が活かされず、美味しくないのと同様に、いくら質の良いものを身体に取り入れられる環境があったとしても、自分自身が食材や関わった人への感謝や食べることへの喜びを忘れているのならば、身体にいい影響ってないんじゃないかって。

シェフは他でもない自分の意識。

人間の身体って凄いな〜っていつも思うんです。

多分人が作った添加物なんかよりももっと凄い。

これは今、いくら化学万能と言われても結局は自然には勝てないということと同じことなんじゃないかな。

多少の毒物は排泄できるわけで、逆にこれがダメアレがダメという意識で頂く方が心身ともに悪い影響を与える気がします。

人間には思い込みがあり、それによって無害なものも有害に変えることもできると聞きます。

長くなりますが、私が高校生の時に買った本にある博士のアフリカの原住民のタブーについてのレポートが書いてありました。

その原住民の間では子供が生まれる時、子の父親は酒を飲んで恍惚状態となり、口から出任せに新しく生まれる子供のタブーを口にするそうです。 例えば「右肩」と言えば、その子供の右肩がタブーになり、そこを打たれると死ぬと信じさせられます。 そしてある時、原住民Aさんがバナナ料理をした鍋を洗わないで次の料理をして、それを原住民Bさんが食べました。そのBさんは食べた後で、その鍋でバナナが料理されたのだと聞かされました。 その途端、Bさんはけいれんを起こし、手当の甲斐も無く亡くなってしまったそうです。 Bさんは『バナナ』がタブーだったそうで、このような事例が何例もあったそうです。

バナナで人が死ぬ訳ではないです。

Bさんもバナナが付いていたことをあとで知らされなければ平気だったはずです。

この本がかなり古いので、今はどのように言われているのかは定かではありませんが、人の暗示というか思い込みの力ってとても恐ろしいものだと高校生の時に思いました。

ということは… いくら良いものを食べていても毎回食べる時に心地よい状態で頂かなければ… 自ずと心身に対する影響は芳しくないと思うのです。

逆にあまり良くないものだとしても、気持ちを切り替えて美味しく感謝して頂けば心身にとっては良く働くのでは?と。

出てきた食べ物は全てどんなものであっても誰かの手を介して自分の元に来たわけです。

それについてとやかく言いながら食べるのって果たして良いことなんだろうか?と思うのです。

お金等が出自の尊卑に関わらず、遣い方次第で善くも悪くもなるのと同じ様に、食べ物もエネルギー(カロリーという意味ではなく)なので、頂く側の思いで良くも悪くも変わってしまうんじゃないかな〜なんて。

何よりもこういったことをわかっていても経済状況等で、良いとされるものばかりを食べられるご家庭ばかりあるとも言えないですし…

我が家の子供たちには、もう今まで散々食については話してきているので、これからはコミュニケーションとしての食のあり方や自分の身体の中に入ってどうなるかなどを主に伝えていきたいと思います。

そして自分の口に入るご縁のあったものは全て感謝して頂ける様に育てていきたいな〜と思ってます。

本来のいただきますが口先だけになっているように思いました。

最後までお読み頂きどうもありがとうございますm(_ _)m

関連記事

  1. 食品添加物と肝臓

  2. センスオブワンダー

  3. フランキンセンスの飲用ががんに効果があるという記事について

  4. エクソシストとバチカン

  5. 錬金術と宇宙と細胞

  6. 【たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学~認知症予防アロマ】…

  7. ヘレンケラーの感覚と皮脳同根

  8. 新型コロナウィルスに効果がある精油はあるのか?

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の記事 おすすめ記事