韓流ドラマと薬草知識

韓国ドラマ『イ・サン』に骨抜きになっている夫と私に長男がドラマシンフォニーのチケットを取ってくれました〜♫

ドラマ中に“ヤクモソウ(益母草)”が流産薬となっているんですが、この薬草は養命酒にも入っています。 ちなみに養命酒さんと和ハーブ協会でクロモジの研究をしております。

養命酒は妊婦には影響ないと(アルコールの影響は別として)HPには掲載されてます。

でも、ヤクモソウって子宮収縮の効果があるので、妊娠中はまずいんじゃないのかしら…と。 通常、子宮収縮作用=流産を促すということにつながりますので。

精油にも子宮収縮作用があるものもあり、それらは全て妊娠中は禁忌となっています。生理不順や生理痛、無月経等の女性ホルモンが関係するものが改善するという精油も同様に禁忌です。

大丈夫なのかな…

臨月のお嫁さんがいる私も今のところ精油をトリートメントには使わないです。

予定日が近くなり、病院からGOサインが出たら(いつ産まれても良い状態)になったら、進んで使う事になりますが…

ちなみに『トンイ』と『イサン』と『チャングム』はドラマ中に生薬のことが出て来てかなり勉強になります。

関連記事

  1. ローズマリーについて

  2. オレンジの香り

  3. ヒヤシンスの香り

  4. グレープフルーツの香り

  5. ベルガモットの香り

  6. 【生まれてから今までのブログ〜人生の喜劇は良い子に始まる〜】

  7. 【赤ちゃんアロマ成分は何?】

  8. 精油の選び方について

2020年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の記事 おすすめ記事