ローズマリーの効果と相棒とアニマルプラネットと使い方について

CSの「相棒」の再放送で、ローズマリーの成人T細胞性白血病の発症を抑制するという効能についてを右京さんが語っており、思わず耳がダンボ(笑)

以前ナショナルジオグラフィックかアニマルプラネットで鳥がローズマリーの葉を使って巣を作る理由は、丈夫なひなを育てるためだと放送されていました。

歴史的には「ハンガリアンウォーター(若返りの水)」の主要植物として有名です。含有成分のロズマリン酸が花粉症にいいとか、カンファーが粘液を溶かすので、痰や鼻水にいいというのとカルノシン酸の頭脳明晰効果は有名です。

認知症やアルツハイマー症の治療にも効果を上げているそうです。

お庭にあったら、ぜひ干してドライハーブにしておいて下さいね。

我が家は、干物用の網で乾燥させたり、排水溝の網(細かいストッキングのような網)に入れて、車の中で乾燥させます。

消臭、抗菌効果で車の中も快適になります。

でも、うっかり庭に植えると大変な繁殖力ですが…

関連記事

  1. AEAJアロマフェスタ2022大阪会場に出展 精油ボックス期間限定販売…

  2. AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー認定講習会のお知らせ

  3. ヘレンケラーの感覚と皮脳同根

  4. 錬金術と宇宙と細胞

  5. スクールの移転

  6. 慶應義塾大学オープンリサーチフォーラム SFC ORF2022 1日目…

  7. SFC ORF2022 研究会で和ハーブ石けんワークショップ開催

  8. AEAJ認定資格通信講座リリース!

2023年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事 おすすめ記事