ローズマリーの効果と相棒とアニマルプラネットと使い方について

CSの「相棒」の再放送で、ローズマリーの成人T細胞性白血病の発症を抑制するという効能についてを右京さんが語っており、思わず耳がダンボ(笑)

以前ナショナルジオグラフィックかアニマルプラネットで鳥がローズマリーの葉を使って巣を作る理由は、丈夫なひなを育てるためだと放送されていました。

歴史的には「ハンガリアンウォーター(若返りの水)」の主要植物として有名です。含有成分のロズマリン酸が花粉症にいいとか、カンファーが粘液を溶かすので、痰や鼻水にいいというのとカルノシン酸の頭脳明晰効果は有名です。

認知症やアルツハイマー症の治療にも効果を上げているそうです。

お庭にあったら、ぜひ干してドライハーブにしておいて下さいね。

我が家は、干物用の網で乾燥させたり、排水溝の網(細かいストッキングのような網)に入れて、車の中で乾燥させます。

消臭、抗菌効果で車の中も快適になります。

でも、うっかり庭に植えると大変な繁殖力ですが…

関連記事

  1. 新型コロナウィルスで本当に怖いのは・・・?

  2. 新型コロナウィルス感染予防対策/緊急事態宣言中のスクールの状況

  3. 生物資源

  4. 精油の選び方について

  5. フランキンセンスの飲用ががんに効果があるという記事について

  6. 新型コロナウィルスに効果がある精油はあるのか?

  7. ヘレンケラーの感覚と皮脳同根

  8. ルドルフ・シュタイナー

    シュタイナーとアロマテラピー

2021年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の記事 おすすめ記事